結婚相談所は、手っ取り早く結婚相手を見つけることができる場所なので人気があります。そこで、これから結婚相談所で婚活していきたい人のために結婚相談所の利点とデートで成功するための秘訣をお話していくので、参考にしてくださいね。

結婚相談所を利用する利点

婚活活動をする時には、結婚相談所を利用するのも1つの方法です。結婚相談所は、婚活活動している人の中でも人気があり結婚相談所の数も多くなっています。そこで、これから利用する人のために結婚相談所の利点をお話します。

婚活目的の人とデートできる

担当者がフォローしてくれて安心

時間があまりない場合でも婚活できる

結婚相談所のデートで成功するためには

相手の話を真剣に聞く

相手に好印象を与えるには聞き上手な人になることです。相手に自分のことを知ってほしいという気持ちは分かります。だからといって、デート中に自分のことばかり話すのはNGです。相手が興味を持つ話ならともか…

相手の意見になるべく共感を持つ

恋愛に関する心理学で、よく聞かれるワードとして「共感」という物があります。共感とは、相手の思うことや発言したことに全く同じだと感じること。「同感」と表されたりもします。この共感するという感覚ですが…

結婚相談所なら安心して相手と交流が持てる

結婚相談所に入会する時は独身証明書や戸籍謄本の提出が必要なので、紹介された相手と安心して交流を持つことができます。

自分の良さをさりげなく伝える

自分の良い所分かってますか?

異性に自分の良さを伝えるという事はまず、自分の良い所を自分自身で知る事が大切です。あなたは自分の良いところをいくつ、あげる事ができますか?浮かばなかった人、1,2個しか挙げる事が出来なかった人は論外です。10個以上は自分の良いところをあげるようにしましょう。 例えば、料理が得意、手先が器用、ゲームが得意、パソコンに詳しい、…。どんな些細な事でも構いません。自分の短所を長所に言い換える事も可能です。例えば、口下手→聞き上手、ケチ→節約家、短所も長所に言い換えてしまえば、良いところを10個あげる事は難しくない事だと思います。大切なのは自分自身が自分の事を良く理解し、相手に伝える材料を沢山準備しておく事です。

伝える際自慢話にならない

自分の良い所が言えるようになったらいざ実践です。ここで大事な注意点があります。自分の良いとこを全面に話し出しすぎると、ただの自慢話になってしまいます。自慢話は異性に不快感を持たせるので絶対にやめましょう。 では、自慢話にならず、自分の良さをどのようにして伝えればいいのでしょう?それは会話のキャッチボールです。相手の話を聞き、自分のターンになったら自分の話をする。この時、会話の内容と全然違う自分の良いところの話をしてしまってもNGです。会話の流れの中で、自分の良いところがアピールできるポイントがあったら、会話の中に自分の良さを盛りこむ。これがポイントです。10個以上自分の良いところを準備してきているので、そのうちの1つ.2つは自然な流れで良さを伝える事ができるはずです。10個準備したら、10個話さないといけない訳ではありません。むしろそれば自慢話になってしまいますので注意しましょう。