相手の話を真剣に聞く

相手の話を聞かない人はきらわれる

相手に好印象を与えるには聞き上手な人になることです。相手に自分のことを知ってほしいという気持ちは分かります。だからといって、デート中に自分のことばかり話すのはNGです。相手が興味を持つ話ならともかく、仕事で成功した話や持ち物の自慢ばかりでは、相手につまらない人、と思われてしまいます。それでいて相手が話し出せばよく聞いていない、相手の話を自分の話に持っていく、などといった会話をしていては、次のデートはないでしょう。

相手に悪い印象を与えるような会話をしていては、デートはいつまでたっても成功しません。話し上手な人になるのは簡単ではありませんが、聞き上手な人にならなれるはずです。デートを成功させたいなら聞き上手な人を目指しましょう。

好印象を与える話の聞き方

聞き上手な人と一緒にいると会話も楽しいものです。そう思わせるコツの一つは、相手の話を真剣に聞くことです。まずは、相手の顔を見て話を聞きましょう。相手が話をしているのによそ見をしていては、気を悪くさせてしまいます。じっと見ているだけでは、聞いているのかいないのか分からないので、あいづちを打つのを忘れないようにしましょう。ただし、「はい、はい、はい」など「はい」を連発したり、「なるほど」「確かに」を連発したりするようなあいづちは避けるようにしましょう。 相手の話をよく聞いて、うなずくだけでもよいのです。話に対して質問をしたり、感想を言ったりすれば、相手は真剣に話を聞いてくれているのだな、とよい印象を持つでしょう。